体を温める方法|外反母趾は靴でカバーする時代|通販で簡単にゲット

外反母趾は靴でカバーする時代|通販で簡単にゲット

ウーマン

体を温める方法

レディ

細い所を温めます

体を温める際には、冷えやすい所を狙って対策を講じるのが一つのコツです。体の中でも幾分細くなっている部分は、冷えやすく、温活効果が表れやすい部分と言えます。例えば、手首やくるぶしの周辺、首回りなどがその一例です。冷え性の方の場合、うなじから肩甲骨にかけては、オールシーズン温活しておきたい場所に挙げられます。冷えやすい場所を温めると、概して体温が上がります。温活では36.5度以上が理想的な体温とされており、平熱が普段から低い方は体温を上げる工夫が必要です。ストールやスカーフ、靴下などを上手に活用することで、体温を高く保つことが出来ます。時に衣服と同様の保温効果が得られるのが、このようなアイテムです。

就寝中にも行ないます

就寝時の温活は、体温を上げてくれるだけでなく熟睡感を高めます。市販の温活アイテムを利用すれば、手軽に温め対策が可能です。シャツ襟やラウンドネックのパジャマを身につけている場合は、首元が冷えやすくなります。こういったパジャマで眠る方は、インナーウェアを賢く利用するのがポイントです。近頃ではパジャマの下に身につける、インナーウェアが販売されています。この手のインナーウェアは、ゆとりのあるハイネックの場合が多く、寝具とパジャマの隙間を程よくカバーします。体温を逃さずに保つことが出来るため、朝まで温かく眠れる温活アイテムです。靴下と合わせて身に付ければ、爪先から首まわりまでパーフェクトな保温が叶います。